2018年09月14日

【2018年ニセコ留学体験サマースクール】

今年のテーマは「探偵」と題して、キャンプ中に起こる様々な事件を残された手掛かりをヒントにチームの皆と一緒に誰が犯人かを推理しました。
クラフト時に作成したオリジナルの探偵手帳と探偵メガネを駆使し、ヒントを発見すると外国人の先生と暗号を解いていきました。
また、先生に”What did you do then?"(その時何をしていたんですか?)と質問して、怪しいと思う人を一人一人英語で発表し犯人検挙のために普段は使用しない単語をたくさん使用しました。
アクティビティーではバター作り体験を行い、インストラクターの方からの言葉を外国人先生のために通訳することにも挑戦しました。
24時間オールイングリッシュの環境の中で、普段クラスでは恥ずかしくて発言できなかった生徒たちも積極的に先生に”How do you say___?"(___はなんと言いますか?)等と質問し、お友達同士でも楽しく英語で会話をしていました。

レッスントピック:探偵

使用文法: 
What is missing? ----- are missing.
(何がなくなりましたか?  ___がないです。)
Why would someone tale our ---?
(なぜ私たちの__を誰かはもっていったのでしょうか?)
Does anyone have any ideas of who it night be?
(誰がこれを行ったか意見はありますか?)
I think the criminal is---.
(犯人は___だと思います。)

2018niseko01.jpg  2018niseko02.jpg  2018niseko03.jpg  2018niseko04.jpg  2018niseko05.jpg  2018niseko06.jpg  2018niseko07.jpg  2018niseko08.jpg  
2018niseko09.jpg  2018niseko10.jpg
posted by english-splash at 10:52| 日記